終了しました

ヨーロッパ連合 VS アメリカ連合 ポップス・バトル



TOP

 出演アーティスト 



2017/03/28
選曲のこと

 今回のイベントは日本でヒットした曲を中心に選んだ。しかし、それで収まらないのが私なのである。5曲ほどあまりなじみのない曲を隠し味のように混ぜ込んだのだ。
 ここではそれらについて書いていくことにする。(「 幸せの朝 」や「 見つめあう恋 」のように、他のアーティストによってヒットしたなじみのあるメロディーは除く)


No.12 アラン・シャンホー 「 そよ風のセレナーデ 」
 「 ボンジュールお目目さん 」や「 初恋にボンジュール 」のヒット曲があったから、今回来てくれた人の中に曲は知らなくても彼の名前を知っている人はいた。
 本国フランスでのセールスについては不明。明るいポップな曲調が日本人受けしそうなのだがまったくダメだったようである。
 しかし、クレシェンドにおいてはいまだに大ヒット。店内でしょっちゅう流れていて、ノン・ヒットの曲のなかで、実はイチ押しだったんだけれど票は入らなかった。・・・なんてこったい!!


No.12 B.J.トーマス 「 心にひびく愛の歌 」
 日本ではさっぱりだったが本国アメリカではNo.1になった曲。私にとって、日本においてヒットしなかった曲の七不思議のひとつ。
 しかし、5票を集めたので選んだ甲斐があった。


No.16 クリフ・リチャード 「 デヴィル・ウーマン 」
 本国イギリスでは9位、アメリカでは珍しく受け入れられたようで6位になっている。彼のイメージとはずいぶん違う曲で、イーグルスに代表されるウェスト・コースト風のバッキングが良い感じである。
 日本ではノン・ヒットだったが、クレシェンドでも票が入らず受け入れられなかった。


No.18 メリ−・ホプキン 「 しあわせの扉 」
 ユーロ・ビジョン・コンテストで2位になった曲で、イギリスでも最高2位にチャート・インした。しかし、日本ではさっぱりだったようである。
 本来であれば、大ヒット曲「 悲しき天使 」なんだけれど、なにせ5分以上もある長い曲なのでボツにし、その代わりになる曲といえば「 グッド・バイ 」が順当な線だと思うが、彼女の中ではいちばん好きな曲「 しあわせの扉 」を選んで得票はなんとゼロ!。う〜ん・・・残念。


No.20 ホリーズ 「 兄弟の誓い 」
 これも日本において一般的になじみの薄い曲。しかし、ブリティッシュ・ビート好きな人には知っている人は多いようである。なぜならホリーズのベスト・アルバムには必ずと言っていいくらい収録されているからだ。
 ’69年にイギリスでは3位、アメリカでも7位のヒットを記録。’88年にはイギリスでNo.1に輝くリバイバル・ヒットを記録した。しかし、日本ではそれほどではなかったようである。
 得票数は3票。もうちょっと伸びて欲しかったなぁ・・・




2017/03/27

 雨の中16名の方が集まってくれたポップス・バトルが終了した。今回はこれらの曲が発表されたときにはまだ生まれていなかった人たちも参加してくれて、そのような方たちには初めて聴く曲も多く、その中から好きな曲が1曲でも見つかったのであればとてもうれしく思う。

 今回も前回と同じく投票を行った。結果は次のとおり。

 ・ヨーロッパ連合 6票
 ・アメリカ連合 7票

 アメリカ連合は、なんと3曲が同票で優勝。なので二位、三位はなし。
 ヨーロッパ連合は、二位が2曲なので三位はなし。

TOP

 出演アーティスト 



優勝曲
( アンコールは最多得票だった「 そよ風の誘惑 」のみ )
 オリビア・ニュートン・ジョン   (イギリス)
 そよ風の誘惑 3’29” ’75
 OLIVIA NEWTON-JOHN
 HAVE YOU NEVER BEEN MELLOW

6票獲得
 カーペンターズ   (アメリカ)
 スーパースター 3’46” ’71
 CARPENTERS
 SUPERSTAR
 B.J.トーマス   (アメリカ)
 心にひびく愛の歌 3’20” ’75
 B.J.THOMAS
 ANOTHER SOMEBODY DONE SOMEBODY WRONG SONG
 イーグルス   (アメリカ)
 デスペラード 3’31” ’73
 EAGLES
 DESPERADO

5票獲得


第二位
 シルヴィ・バルタン   (フランス)
 あなたのとりこ 2’44” ’68
 SYLVIE VARTAN
 IRRÈSISTIBLEMENT
 ギルバート・オサリヴァン   (イギリス)
 アローン・アゲイン 3’36” ’72
 GILBERT O'SULLIVAN
 ALONE AGAIN

5票獲得


2017/02/13

日 時 2017年3月26日(日) 15:00 〜 19:00
参加費 \1,500− ( ビール、コーヒーなど飲物券2枚、お茶菓子、軽食)
定 員 30名くらいまで


 出演アーティスト 



お願い

 飲食物の用意などからおおよその人数を把握したいので、メール、掲示板、電話などで、ヒマナ・マスターズまで連絡をお願いします。

メール ( rsn21558@nifty.com )
掲示板 こちらのヒマな掲示板の方へお願いします
電 話 03−3682−1414

 ・ 連絡は本名ではなく、ハンドル・ネームやニック・ネームでかまいません。
 ・ グループの場合、代表者が人数をお知らせください。
 ・ もし都合が悪くなった場合、その旨の連絡をいただけるとありがたいです。



進行予定

14:30 〜 開場

15:00 〜 16:35 第一部

16:35 〜 16:50 休憩 ( 余興 ) 全員強制参加によるコサック・ダンス大会 ( ウソ )

16:50 〜 18:15 第二部

18:15 〜 投票 〜 集計
結果発表

まったく意味がないけど勝敗を決めます



2016/12/06
 洋楽が特に華やかだった’60年代〜’70年代。曲の時間もそれほど長くはなく、キャッチーで親しみやすい曲が多かったように感じます。今回は、’70年前後のポップな曲を中心に、ビールやお茶を飲みながらお茶菓子をつまみ、みんなで楽しもうと思っています。
 出演アーティスト、曲目など詳細はまだ決まっていませんが、決まりしだい随時更新していきます。


・ 開催日は2017年3月か5月を予定
・ ’60年代半ば〜’70年代半ばまでのポップなヒット曲を中心に40曲ほど
・ ヨーロッパ連合、アメリカ連合に分かれての壮絶な対抗戦
・ 曲は私が独断と偏見で決定
出演予定
ヨーロッパ連合 アメリカ連合
ジリオラ・チンクェッティ
ヴァニティ・フェア
クリフ・リチャード
シルヴィ・バルタン
カプリコーン
ビー・ジーズ
オリビア・ニュートン・ジョン
ショッキング・ブルー
アルバート・ハモンド
クリスティ
ニュー・シーカーズ

リン・アンダーソン
モンキーズ
アソシエイション
ルゥ・クリスティ
オリジナル・キャスト
ジュディ・コリンズ
マッシュマッカーン
セルジオ・メンデスとブラジル’66
C.C.R.
カーペンターズ
ジェリー・ウォレス


TOP